ガス代滞納者の不安を解消します

ガスが止まるまでには『猶予期間』がある!

ガス代滞納者にとって、一番気になってしまうのは『いつガスが止まるの!?』ということではないでしょうか?

 

ガスの停止は、やはり死活問題になってきますので、どうしても止めたくない人にとっては、ガス停止の最終的な時期について知りたいと思う人もいると思います。

 

ガスが止められてしまうと、キッチンでの調理が出来なくなってしまいますが、その他にもお風呂でお湯も沸かすことが出来なくなってしまいます。

 

自炊はしなくてもコンビニやお弁当で済ませることができますが、お風呂の場合は、なくなってしまうと、最近は近所に銭湯などもあんまり見ないので、非常に困ってしまいます。

 

特に清潔感が大事になってくる社会人なんかは、お風呂に何日も入れないと、やはり仕事への評価にも影響します。

 

ガスが止まると、色々な部分で問題が出てきますので、やはりガス代を滞納して閉栓されないようにするのが大事です。

 

そして、現実的には、ガス代の支払い期限を過ぎても、すぐに閉栓されるということはありません。

 

ガスの閉栓までには、『猶予』があり、その間にガス代の未納分を支払えば、閉栓は免れることが可能なのです。

 

ガス会社によって猶予期間は違ってきますが、平均的に検針の翌日から50日目以降が多いとされています。

ガス会社によって対応が分かれる!

ガス代滞納の問題で、一番鍵を握っているのは、『どこのガス会社と契約しているか』です。

 

ガスは大きく分けると、【都市ガス】と【LPガス(プロパン)】に分かれます。

 

都市ガスと言っても、『東京ガス』『大阪ガス』『西部ガス』など、地域によって色々と違ってきます。

 

また、プロパンガスの場合も、供給会社が色々とあるため、『契約先』をまずは知ることが大事になってきます。

 

契約しているガス会社がわからないと、問い合わせすらすることが出来ません!

 

ガス代を滞納している人の中には、そうした基本的なことすらわかっていない人もいます。

 

まずは、自分がどのガス会社と契約しているのか、把握しておきましょう。

 

そして、都市ガスの場合は、どこの地域でも、ある程度規約が似ており、ガスの閉栓時期や、支払い期限については、一部をのぞいて、大体一緒です。

 

一方、プロパン会社の方が、会社によって対応にばらつきがあります。

 

都市ガスのように公共事業という面よりも、物品販売事業の色合いが強いため、プロパンガス会社の方が、都市ガスよりも、滞納に対して厳しい対処例も聞かれます。

 

逆に、都市ガスよりも融通が利き、滞納についても柔軟な対応をしてくれる会社もあるので、非常にプロパン会社は対応の差が激しいです。

 

ガスが止まった!その時にあなたはどうする!?

ガス代滞納は、都市ガスの場合、約2カ月で止まり、プロパンの場合も大体2カ月程度で止まる傾向があります。

 

しかし、プロパンの場合は、最悪1カ月で止まるケースもありますので、契約しているプロパン会社によります。

 

一度ガスが止まってしまった場合、再開は『未納分の完済』が条件になるケースが多いです。

 

また、ガスの開栓は、立ち合いが必要になるため、少し面倒な部分があります。

 

そのため、ガスを完全に閉栓してしまう前に、ガス代滞納を解消した方が、よほど面倒がありません。

 

仕事をしていて、立ち合いの予定がつかない人は、ガスの開栓がいつまでも出来ずに、苦労をします。

 

ガスは勝手に業者さんが使えるように手続きをしてくれるものではありませんので、立ち合いの予定が難しい人は、何としてもガス代滞納分を閉栓までに支払うことをお勧めします。

 

開栓の立ち合いは、即日に簡単に出来るものではなく、時期によっては混雑することもあり、希望の時間帯が必ずしも予約できない可能性もあります。

 

そのため、忙しい人が引っ越しシーズンに開栓予約を取ろうとすると、意外に時間がかかってしまう時もあります。

 

すぐにガスが使いたい人は、やはりガス代滞納分をカードローンなどを利用してでも優先して支払いを済ませてしまうことをお勧めします。

 

ガスが止まる前にできることは?

ガス代滞納者が、ガスが閉栓されるまでに出来ることは、やはり【支払いを済ませること】です!

 

少額であればキャッシングやカードーロンを利用をして、ガス代滞納分を支払ってしまうのも一つの手段です。

 

キャッシングやカードローンの審査は年々厳しくなっていますが、ガス代滞納分くらいの少額であれば、審査に通る可能性は高いです。

 

もしも、カードローンやキャッシングがダメな場合は、やはり家族や友人に立て替えてもらう方法もあります。

 

ガスが止まってお風呂に入れないで仕事などに行くことになってしまうと、職場でニオイが気になってしまったり、仕事に集中できない環境になってしまいます。

 

特に夏場は、汗をかきますので、1日でもお風呂に入れないとなると、やはり社会人としては厳しいものがあります。

 

【清潔感】というのは、社会人としての最低限のマナーですので、ガスが止まってしまい、不潔な状態が続けあ、職場での信用を失う可能性も出てきます。

 

そうなる前に、やはりガス代滞納は何としても、解消するべきです。

 

一度閉栓したガスを再開するには、立ち合い開栓の予約が必要になり少し時間がかかります。

 

お風呂なしは、冬場の数日間だったら我慢が出来るかもしれませんが、夏場の数日間というのは、想像以上に過酷なものです。