カテゴリー: ガス代滞納関係

ガスが止められてしまう!・・・でも、ご安心ください。

プロミスなら30日間無利息で借り入れが出来ます。
しかも審査も早くWeb完結でも近所のコンビニなどのATMからでもお金がすぐに借りられます!

30日を超える借り入れの場合でも、低金利ですのでまずはガス代のお支払いにご利用下さい!!

ガス代滞納はすぐにガス会社へ相談を!

ガス代滞納者の中にも、色々なタイプがいると思います。

すぐに支払いが出来るお金があるけど支払い期限に遅れてしまった【うっかりタイプ】、手元にすぐに支払いが出来るお金がなく支払い期限が遅れてしまった【金銭苦タイプ】。

うっかりタイプの場合は、「ガスが止められるかもしれない・・・」とそれほど心配しなくても大丈夫です。

支払い期限日を1日過ぎたくらいだったら、すぐにガス会社に連絡をして支払いをすれば、問題ありません。

逆に問題が深刻なのは、やはり後者の【金銭苦タイプ】です。

ただし、支払えるお金の目途がつく人の場合は、ガス会社に連絡を入れれば、その日まで待ってくれる可能性もあります。

ただし、支払いが出来る日というのが、【停止予告書】に記載されるガスの停止日よりもずっと後だと、厳しいです。

そして、支払える目途もつかない人は、やはり相談をしようにも正直、現実的に非常に厳しい状況です。

というのも、どこのガス会社も『未納分の解消が応相談の条件』としているケースが多いからです。

未納分の解消の目途がつかないことには、相談にも応じてもらえない可能性が高いのです。

そのため、ガス代滞納分を何としても工面しないと、ガス閉栓を免れることができないのです。

ガスを止められてしまうと、やはり自炊やお風呂に大きな影響が出てきますので、早くガス代滞納を解消しないといけません。

どうしても厳しい場合は、副業やWワークをしてでも、ガス代滞納分を用意するしかありません。


ガス代には時効もある!

実はガス代には、時効があると知っていますか?

民法(173条)における債権の短期消滅時効は【2年間】とされています。

そのため、ガス代滞納が2年以上ある場合は、時効になるケースも出てきます。

ただし、人間が普通に生活をする上で、やはりガス代金を滞納していると、まともな生活が送れなくなってしまいますので、滞納金以上の苦痛を感じます。

やはりガス代滞納をしている人は、デキるだけ早く解消できるようにするのが一番です。

昔は近くに銭湯などが沢山ありましたので、自宅でお風呂に入れなくても、お風呂に入りやすい環境がありました。

しかし、最近は純粋な銭湯が減り、料金の高いスーパー銭湯などが多くなっていますので、日常的に使用するということを考えると、やはり自宅でお風呂に入るのが一番経済的です。

夏場のように、体が汚れやすい時期は、お風呂に入れないと、それだけニオイも気になってきます。

お風呂に入れない生活は、清潔好きな日本において、自分の価値を下げることになりかねません。

やはり、清潔に過ごすためには、ガス代滞納は絶対に避けるべきです。

特にガス代金をクレジットカード払いにしている人は、クレジットカードの滞納によって、信用情報にキズがつきます。

ガス滞納だけではなく、クレジットカードの滞納にも影響が出ると、それこそ住宅ローンなどを組みたくなった時に、過去のガス代のクレジットカード払いの滞納が原因で審査が通らない可能性も出てきます。


ガス代滞納関係記事一覧