ガス代滞納で取るべき行動をご紹介します

MENU

ガス代滞納はすぐにガス会社へ相談を!

ガス代滞納者の中にも、色々なタイプがいると思います。

 

すぐに支払いが出来るお金があるけど支払い期限に遅れてしまった【うっかりタイプ】、手元にすぐに支払いが出来るお金がなく支払い期限が遅れてしまった【金銭苦タイプ】

 

うっかりタイプの場合は、「ガスが止められるかもしれない・・・」とそれほど心配しなくても大丈夫です。

 

支払い期限日を1日過ぎたくらいだったら、すぐにガス会社に連絡をして支払いをすれば、問題ありません。

 

逆に問題が深刻なのは、やはり後者の【金銭苦タイプ】です。

 

ただし、支払えるお金の目途がつく人の場合は、ガス会社に連絡を入れれば、その日まで待ってくれる可能性もあります。

 

ただし、支払いが出来る日というのが、【停止予告書】に記載されるガスの停止日よりもずっと後だと、厳しいです。

 

そして、支払える目途もつかない人は、やはり相談をしようにも正直、現実的に非常に厳しい状況です。

 

というのも、どこのガス会社も『未納分の解消が応相談の条件』としているケースが多いからです。

 

未納分の解消の目途がつかないことには、相談にも応じてもらえない可能性が高いのです。

 

そのため、ガス代滞納分を何としても工面しないと、ガス閉栓を免れることができないのです。

 

ガスを止められてしまうと、やはり自炊やお風呂に大きな影響が出てきますので、早くガス代滞納を解消しないといけません。

 

どうしても厳しい場合は、副業やWワークをしてでも、ガス代滞納分を用意するしかありません。

ガス代には時効もある!

実はガス代には、時効があると知っていますか?

 

民法(173条)における債権の短期消滅時効は【2年間】とされています。

 

そのため、ガス代滞納が2年以上ある場合は、時効になるケースも出てきます。

 

ただし、人間が普通に生活をする上で、やはりガス代金を滞納していると、まともな生活が送れなくなってしまいますので、滞納金以上の苦痛を感じます。

 

やはりガス代滞納をしている人は、デキるだけ早く解消できるようにするのが一番です。

 

昔は近くに銭湯などが沢山ありましたので、自宅でお風呂に入れなくても、お風呂に入りやすい環境がありました。

 

しかし、最近は純粋な銭湯が減り、料金の高いスーパー銭湯などが多くなっていますので、日常的に使用するということを考えると、やはり自宅でお風呂に入るのが一番経済的です。

 

夏場のように、体が汚れやすい時期は、お風呂に入れないと、それだけニオイも気になってきます。

 

お風呂に入れない生活は、清潔好きな日本において、自分の価値を下げることになりかねません。

 

やはり、清潔に過ごすためには、ガス代滞納は絶対に避けるべきです。

 

特にガス代金をクレジットカード払いにしている人は、クレジットカードの滞納によって、信用情報にキズがつきます。

 

ガス滞納だけではなく、クレジットカードの滞納にも影響が出ると、それこそ住宅ローンなどを組みたくなった時に、過去のガス代のクレジットカード払いの滞納が原因で審査が通らない可能性も出てきます。

 

ガス代滞納関係記事一覧

ガスの基本的な支払い期限は、『検針日から30日まで』が多いです。しかし、今はガス代金って、クレジットカード払いなどにしている人も多いので、人によってかなりバラバラです。ガス代の支払いは、クレジットカードの他に、口座引き落としや、振り込みなどの方法もあります。ただし、ガス代滞納の時に気を付けたいのが、何かと便利で使う人も多い【クレジットカード払い】。クレジットカード払いでガス代を滞納している人は、ク...

まず、ガスの料金は、検針によって決まります。そして、検針が終了すると、請求書が届きます。支払い期限は、検針日の翌日から30日目までとされていますが、実際には契約状況によって引き落としやクレジットカードへの請求が決まった日に行われるので、30日目までという表現はあんまりピンとこないかもしれません。しかし、支払い期限が過ぎると、今度はガスの停止日を記載した『停止予告書』が送付されてきます。ガス代滞納に...

ガス代の支払い期限は、検針日の翌日から30日目となっています。更にそこから停止予告書が送付され、本当にガスを閉栓されるのは50日目以降が多いと言われています。つまり支払い期限が過ぎても、ガスが使えるのは20日程度まで!滞納は2カ月くらいが限度ということです。契約しているガス会社によって、猶予期間は多少違ってきますが、3カ月以上の滞納は、間違いなくガスは止まる可能性が高いです。クレジットカードも、3...

ガス代滞納で、支払いの目途がついていない人でも、やっぱり『閉栓は待ってほしい』と思う人が多いです。ガスの再開は立ち合いが原則必要になりますので、忙しい人は、立ち合いが面倒なこともあります。また、自炊やお風呂に入れなくなってしまうのは、辛い物ですよね。特に冬場は、ガスが止まってお湯が出なくなってしまうと、それこそお風呂に入るのも大変です。水風呂のままでは、やはり風邪を引いてしまいます。自炊はある程度...

ガス代の返済が厳しくなってくると、『一括払いが苦しい』という意見も聞こえます!そんな時、少しだけでも支払いたいと、分割払いを考える人も出てきます。しかし、ガス料金は分割払いを不可としているケースが非常に多いのです。基本的に一括払いにしか対応していないため、分割払いをして何とかガスの閉栓を延期してもらおうと思っている人は要注意です。ただし、クレジットカード払いをしている人は、リボ払いや分割払いに変更...

一度止まってしまったガスを再開するには、『滞納料金を全て支払うこと』です。この条件を満たさずして、ガスの再開はあり得ません。ガスは通常、2カ月〜3カ月の滞納で閉栓されてしまいますので、長く貯めこんでしまった人は2、3カ月分のガス料金を一括で全額支払う必要があります。止まってしまったガスを再開するというのは、実はすごく大変なことです。ガスの閉栓まで行ってしまうと、滞納を解消しない限り再開できないので...

ガス代滞納で困っている人は、やはり出来るだけガス代の節約をしましょう!ガス代金が高いと、支払いもそれだけ困難になってしまいます。ガス代の節約でやはり有効になってくるのは、お料理の時短です。角煮なんかを作る場合、圧力鍋で調理する場合と、普通のお鍋で調理するのでは、ガス代が全く違ってきます。圧力鍋では30分くらいで出来る料理も、普通のお鍋だったら6時間くらいコトコトと煮ないといけないことも。それだけに...