ガスが止まる平均的な時期をご紹介します

MENU

検針日の翌日から50日目が以降が多い

ガス代の支払い期限は、検針日の翌日から30日目となっています。

 

更にそこから停止予告書が送付され、本当にガスを閉栓されるのは50日目以降が多いと言われています。

 

つまり支払い期限が過ぎても、ガスが使えるのは20日程度まで!

 

滞納は2カ月くらいが限度ということです。

 

契約しているガス会社によって、猶予期間は多少違ってきますが、3カ月以上の滞納は、間違いなくガスは止まる可能性が高いです。

 

クレジットカードも、3カ月以上の長期滞納は、信用情報に大きくキズがつき、契約解除や、今後のローン契約などに大きな影響を与えることになります。

 

ガス代の場合も、やはり2カ月〜3カ月の滞納をすると、ガスはどうやっても止まってしまいます。

 

特に一度ガスを閉栓されてしまうと、再開するには、未払いの解消が大事になります。

 

未払いがある状態では、やはりガスの再開は難しくなってしまいますので、どうにかガスの閉栓までに、未払いを解消しましょう。

 

ガスはライフラインなので、なくなってしまうと、困るのは『自分』です!

 

料理は全員がやっているわけではないので、料理でガスが使えなくても大丈夫ですが、お風呂が入れなくなってしまうのは非常に痛い!

 

特にサービス業や接客業をしている人が、ガスが止まってお風呂が入れなくなってしまうと、さすがに仕事にも良くない影響が出てきます。

 

ガスは支払いがないと、止まってしまいますので、どうにかしてお金を工面する必要があります。

停止予告書までに滞納金を支払えばガスは止まらない!

ガス代滞納をしていると、ガスが急に止まるということはありません。

 

ガス代の支払い危険が過ぎると、今度はガスの閉栓日を記載した『停止予告書』が届きます。

 

この停止予告書に記載された日付こそが、ガスが止まってしまう日なのです。

 

本来だったら、支払期限までにガス代を支払ってしまうのが一番ですが、最悪の場合は、停止予告書が発送される前に支払いを済ませても、ガスの閉栓を免れることも可能です。

 

支払期限は本来守らないといけませんが、1日や2日遅れるくらいであれば、ガスが完全に止められるほどの深刻な状態ではありません。

 

支払い期限までにどうしても払えない場合は、念のために、ガス会社に連絡を入れておき、支払い意志を伝えておくことをお勧めします。

 

また、「○日に支払います」と、支払いができる具体的な日付も一緒に言えると、スムーズに相談ができます。

 

ガス代滞納で一番困ってしまうのは、やっぱり支払期限を過ぎても1カ月以内に支払いが難しい場合です。

 

支払い期限自体が、検針から30日までと約1カ月の猶予があったのにも関わらず、更にそれより1カ月以上も滞納するとなると、やはりガスの閉栓は避けられなくなってきます。

 

支払い期限から1週間程度であれば、すぐに電話や窓口などで相談すれば待ってもらえる可能性もありますが、さすがにそれ以上になってくると、どのガス会社でも対応が厳しくなってきてしまいます。

 

数日遅れであれば、まだガスの閉栓はしないで済みますので、早くガス会社に連絡をしましょう!

 

関連ページ

ガスの支払期限は?
ガス代っていつまでに支払うの?
ガスが止まるまでの流れとは?
ガスってすぐに止まるの!?
ガスの閉栓は待ってもらえる?
ガスの閉栓を食い止めたい人は必読!
ガス料金の分割払いは可能か?
ガス代を分割で払いたい!
ガスを再開するには?
ガスの再開方法が知りたい!
ガス代を支払える環境作りを!
ガス代滞納の問題点を考えよう!