ガスの閉栓を止める方法をお教えします

MENU

多くの場合は『不可』

ガス代滞納で、支払いの目途がついていない人でも、やっぱり『閉栓は待ってほしい』と思う人が多いです。

 

ガスの再開は立ち合いが原則必要になりますので、忙しい人は、立ち合いが面倒なこともあります。

 

また、自炊やお風呂に入れなくなってしまうのは、辛い物ですよね。

 

特に冬場は、ガスが止まってお湯が出なくなってしまうと、それこそお風呂に入るのも大変です。

 

水風呂のままでは、やはり風邪を引いてしまいます。

 

自炊はある程度、お弁当などを購入して何とかしのぐことが出来ますが、お風呂はどうにもなりません。

 

会社に浴場などの施設がある場合は良いですが、無い場合は、やはりガスが止まれば、スーパー銭湯などの入浴施設に行かないと難しくなってきます。

 

友達や親戚の家にお風呂を借りに行くとしても、やはり、毎日となると、難しいですよね。

 

やはり自宅でお風呂に入ることが一番楽なのです。

 

しかし、ガス代滞納をすると、お金を払わない限り、ガスは止まってしまいます。

 

停止予告書の前に、未払い分を支払ってしまえば、ガスは止まりませんが、どうしても払えない場合は、ガスの閉栓を止めることは『不可能』です。

 

ガスの閉栓については、ガス会社に相談することも出来ますが、ガス会社への相談をするにしても、未払いの解消が必要になります。

 

具体的な支払い日を相談する場合は、対応してくれますが、「お金がないので待ってくれ」では、相談の土俵にも上がれないという厳しい現実があります。

 

閉栓前になんとか工面を!

ガスの閉栓日は、ガスの滞納を解消をしない限り、延期をするのは難しい状況です。

 

そのため、ガスの閉栓を避けたい人は、どんな手段を使っても、未払いを解消することを考えましょう。

 

ガス代の未納というのは、大体の場合、1カ月で何十万円もするものではありません。

 

お料理をしたり、毎日にお風呂に入っても、1万円〜2万円程度あれば支払える額だと思います。

 

つまり、3万円〜5万円もあれば、十分支払いが可能です。

 

友人にお金を借りるには、1万円となると、ちょっと気が引けるかもしれませんが、親や兄弟などの親戚からだったら立て替えてもらいやすい金額です。

 

また、カードローンやキャッシングの審査でも、3万円〜5万円前後は、よほど過去の信用情報にキズがついていない人であれば、アルバイトでも審査が比較的通りやすいのでおすすめです。

 

少額の借り入れの場合、審査の楽さに加えて、返済も非常に楽!

 

ガスが止められてしまって、再開のために立ち合いなどをする必要も考えてしまうと、立て替えや借り入れを利用して、なんとしてもガス代の未納を支払ってしまう方が面倒がありません。

 

支払いがなければ、ガスは止まってしまいますので、額が少額の時ほど、キャッシングやカードローンに挑戦してみましょう。

 

ただし、既にキャッシングやカードローンを利用していて、滞納している場合には、新規の審査に通過するのは厳しいため、やはり身内に頭を下げて、ガス代を立て替えてもらうようにお願いしましょう。

 

関連ページ

ガスの支払期限は?
ガス代っていつまでに支払うの?
ガスが止まるまでの流れとは?
ガスってすぐに止まるの!?
ズバリ、ガスが止まるのはいつ頃?
ガスの最終的な閉栓とは?
ガス料金の分割払いは可能か?
ガス代を分割で払いたい!
ガスを再開するには?
ガスの再開方法が知りたい!
ガス代を支払える環境作りを!
ガス代滞納の問題点を考えよう!