ガス代の支払い方法についてご案内します

MENU

圧倒的に『不可』が多い!

ガス代の返済が厳しくなってくると、『一括払いが苦しい』という意見も聞こえます!

 

そんな時、少しだけでも支払いたいと、分割払いを考える人も出てきます。

 

しかし、ガス料金は分割払いを不可としているケースが非常に多いのです。

 

基本的に一括払いにしか対応していないため、分割払いをして何とかガスの閉栓を延期してもらおうと思っている人は要注意です。

 

ただし、クレジットカード払いをしている人は、リボ払いや分割払いに変更することが出来ます。

 

口座引き落としや振り込みを利用している人は、分割払いができないので、一括で支払う必要が出てきます。

 

後でガス代を分割払いやリボ払いに変更したい時には、クレジットカード払いの方が便利です。

 

しかし、クレジットカード払いの場合は、クレジットカードの支払いを滞納してしまうと、信用情報も一緒にキズがついてしまういますので、注意が必要です。

 

口座引き落としや振り込みの場合は、ガス代を何か月滞納したとしても、信用情報には残りませんが、クレジットカード払いの場合は、信用情報に残りますので、滞納すると今後のローン審査に影響をすることを注意しなければいけません。

 

クレジットカード払いにも、メリットとデメリットがあります。

 

一番良いのは、やはり一括払いでガス代を支払うことですので、どうしても払えない場合は、日払いのアルバイトをしたりして、何とか工面するようにしましょう。

 

長期的に金銭面が厳しい場合は、Wワークがおススメです。

Wワークや副業で支払う!

ガス料金を毎月毎月滞納している場合は、やはり収入が厳しいことが滞納の原因になっていると考えられます。

 

その場合、いくらその月をやり過ごせたとしても、いつガスが止められてもおかしくない状況になってきます。

 

都市ガスの場合は、毎月遅れていても、数日遅れで支払いをしていれば、簡単にはガスを止められることはありません。

 

しかし、プロパンガスの場合は、個々の業者にその判断が委ねられているため、信用を失くしてしまうと、1カ月の滞納でもガスを止められてしまう可能性があります。

 

プロパンガス業者は、都市ガスよりも融通が利く会社もあれば、厳しい対応の会社もありますので要注意です。

 

やはり毎月滞納している人は、『収入を増やすこと』が大事です。

 

副業やWワークをしてガス代を滞納しないようにしましょう。

 

一時的な金欠であれば、日払いの短期アルバイトで賄うことも可能ですが、慢性的な滞納をしている人は、やはり収入が少ないことが滞納の根本的な原因なので、働いて収入を増やすようにしましょう!

 

ガス代を節約するという手段もありますが、公共料金の節約というのは、普段から相当な無駄遣いをしている人を除いて、微々たるものですので、あまり効果的とは言えません。

 

やはり収入を上げて、しっかりガス代金を滞納しないようにすることの方が有効です。

 

副業やWワークが無理な場合は、年収UPを目指して転職をしてみるのも一つの手段になってきます。

関連ページ

ガスの支払期限は?
ガス代っていつまでに支払うの?
ガスが止まるまでの流れとは?
ガスってすぐに止まるの!?
ズバリ、ガスが止まるのはいつ頃?
ガスの最終的な閉栓とは?
ガスの閉栓は待ってもらえる?
ガスの閉栓を食い止めたい人は必読!
ガスを再開するには?
ガスの再開方法が知りたい!
ガス代を支払える環境作りを!
ガス代滞納の問題点を考えよう!