ガスの再開で押さえておきたい点をチェックします

MENU

滞納料金を全て支払うこと!

一度止まってしまったガスを再開するには、『滞納料金を全て支払うこと』です。

 

この条件を満たさずして、ガスの再開はあり得ません。

 

ガスは通常、2カ月〜3カ月の滞納で閉栓されてしまいますので、長く貯めこんでしまった人は2、3カ月分のガス料金を一括で全額支払う必要があります。

 

止まってしまったガスを再開するというのは、実はすごく大変なことです。

 

ガスの閉栓まで行ってしまうと、滞納を解消しない限り再開できないので、支払えない人はいつまでもガスが使えません。

 

生活に必要なライフラインなので困っていると言えば、何とかしてくれるんじゃないのかと、甘く考えている人は要注意です!

 

いかにライフラインと言えども、滞納が続けば、ガスは使えなくなってしまいます。

 

最近は滞納者が増えていると言っても、滞納についてそれだけ対応が優しくなっているということではありません。

 

やはり滞納者には、厳しい現実が待っているだけです。

 

分割払いや、支払いの延期のお願いは、個人のわがままです。

 

そうした対応をしてもらえないことによって、逆切れで「対応がなっていない!」と批判をするお角違いな滞納者もいます。

 

やはりガスはタダで使えるものではありませんので、お金を支払わない人に、延期してまで使わせてあげる必要はガス会社にはありません。

 

ガスを使いたいのであれば、早く滞納分を支払うことが第一です!

 

まずはお金を工面することから始めましょう。

 

ガスの再開は、滞納料金を用意できてから目途が立ちます。

 

条件通りに支払いをすれば当日開栓も可能!

ガス料金の支払いが済んだ場合、いつからガスが使えるのか、気になりますよね。

 

各ガス会社によって対応は違いますが、『17時までに窓口で支払い』とか『支払い後に電話連絡』などの条件を満たすことによって、当日開栓も可能です!

 

しかし、気を付けないといけないのが、『開栓は立ち合いが必要』ということです。

 

 

本人の仕事の都合で、当日開栓が厳しい場合もあれば、引っ越し繁忙期などで予約が殺到して、業者さんの都合で当日開栓が厳しい場合もあります。

 

そうした場合は、予約をして立ち合い開栓をしてもらう必要があります。

 

やはり当日開栓は業者さんと依頼者の都合がつかないとなかなか難しいので、事前予約で余裕をもって開栓をしてもらう方がおススメです。

 

開栓の立ち合いは、5分くらいで簡単に終わってしまいますので、それほど時間はかかりません。

 

ただし、業者さんがやってこれる時間は決まっていますので、仕事終わりの遅い時間などに指定をすることはできません。

 

また、業者さんによっては、土日に対応しておらず、平日のみというケースもあります。

 

契約しているガス会社によって、開栓予約の希望日時はかなり変わってくると思います。

 

まずはどの時間帯に予約が取れるのか、チェックしておくと良いと思います。

 

もしも平日しか予約が取れない場合などは、半日休などで対応をするしか方法がない人もいます。

 

特に引っ越しシーズンの時期の開栓は、ガス会社さんの予定に振り回されてしまいますので、気を付けましょう。

 

関連ページ

ガスの支払期限は?
ガス代っていつまでに支払うの?
ガスが止まるまでの流れとは?
ガスってすぐに止まるの!?
ズバリ、ガスが止まるのはいつ頃?
ガスの最終的な閉栓とは?
ガスの閉栓は待ってもらえる?
ガスの閉栓を食い止めたい人は必読!
ガス料金の分割払いは可能か?
ガス代を分割で払いたい!
ガス代を支払える環境作りを!
ガス代滞納の問題点を考えよう!